読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねくらんらんのひとりごと

日記みたいなもんらしいです

1

一人ひっそりとブログというか日記というか、この手のものを始めてみようとおもって登録してみた。

見ても見なくてもお好きにどうぞ。

 

バイトに行きたくなくて行きたくなくてずっと1人でただこねてたけど、迷惑かかっちゃうなーっておもっていってきた。そんなこと考えれるだけまだ僕人間として機能出来てる気がする。

木屋町は桜が満開でうちの店は高瀬川沿いにあるからすごく眺めのいいところでお酒が飲める。外国人の観光客が多すぎて怖かったな。外国人の人たちって凄く生気にあふれてて顔直視できないんだ、どんだけ弱いんだよお前って話ね。

 

ここ数日間は地獄に近い日々で、1人でラリっては腕切ってしてたんだけど、そんな僕にも大好きな友達はいるわけであって、すごく助けてももらった。カッターとお薬を全部没収されました。その日の夜は気が狂いそうになったんだ。何も無い、ラリってもない夜って怖くて。誰かに笑われてそうで、友達にきらわれそうで、知らない人も僕のこと笑ってそうで、最近シラフで電車に乗ることもできなくなった。お医者さんには軽いパニック障害みたいなものだねって言われたけど、軽いパニック障害ってなに?軽い???しんどいむり。いきてるのしんどくない???空飛んで移動したいね。ばかみたいなこといったりして。夜はくらくてこわいし昼は明るくてしんどいし最近あつくなってきて殺されそうだし、もう生きてるの向いてなくね??って思う日々です。なにがなんでなんなのか本当に分かんないけどただただいまは辛いです。気休めの言葉が一番聞きたくないです、大丈夫?話聞くよ?ごはんいこうね!飲みに行こうや!!一つずつ返事していくと、大丈夫じゃないからこうなってます。本当に最後まで面倒見て話聞いてくれますか?覚悟はできてますか?それは口約束じゃないんですか?本当にぼくとご飯に行く勇気ありますか?僕と飲みに行って僕が泣き出した時にちゃんと対応できますか?お酒はいると最近気分の上下がすごいですよ??とまぁこんな感じでぐっしゃりとひねくれております。もういやだなぁ。みんなごめんなさい。

 

とまぁあんまりネガティブな発言すると思考がよりネガティブになってしまいそうな気がするけど、言わないとパンクしそうだからこうやって文字にしてここにはっつけてみた。

死にたいっつったら怒ってくれて、ぼくの左腕をみたら泣いてくれて、ダメだと思ったらちゃんと怒ってくれるそんな友達に出会えただけでも今は幸せってことにしておこう。今は新しいカッターも薬もかっちゃったけどね、ごめんね。

 

おやすみ。