読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねくらんらんのひとりごと

日記みたいなもんらしいです

5

 

2017年4月いっぱいで学生じゃなくなりました。

 

いままで学生という言葉に甘えて遊んでだらけて生きてきたけど、これからはそれじゃダメで、しっかりと生きていかないとダメなんだってことを思い知りました。

お金だって自分で稼いで家賃だって払って家にお金も入れて貯金もして、ずっとフリーターなわけにも行かないからやりたいことも探さなきゃダメで、辛さがマシマシの状態です。

 

親にバンドやりたいなんてまだ言えてない。バンド真剣にやりたいんだって言ったところで、鼻で笑われそうで怖い。フリーターになったし何かしないと、ただバイトだけをこなす毎日なんて何も生まれないじゃないか。その中で僕はずっとやりたかったバンドがもうすぐ出来そうで、このチャンスは逃したくなくて、前に向かって走っていきたいって人生で初めて思えてる。

うまく文章にまとめれてないけどぼくはやっぱり音楽が好きて音楽に救われてきたから、音楽をしたい、ずっと音を鳴らし続けていたいっておもった。

 

その事を親はなんと思うだろう。

怖くて言えないなー。

4

PM16:00起床。

父親からのラインの通知。

手が空いたら電話ください。

寝ぼけ眼で電話をかける。

 

今日学校に電話したんやけど5/1までに退学申請だしたら前期分の学費払わなくていいんやって。

 

あと2週間しかないんですね。

もういいです辞めます。

ってなってしまって辞めることになった。

 

はれてフリーターな訳でして。

来月からは働くしかないんです。

いままでのダラダラした生活はできない。

それが怖い。

学校がない。明日からの不安しかない。

お金だけの不安ならなんとかなるらしい。

でもよく分からない黒くて大きな不安が僕の背中にぴたっとくっついてる気がしてならない。

振り向けばすぐその不安に飲まれてしまうような気がする。

振り向く方向は未来。今見てるのは過去。

 

もうとにもかくにもやるしかないわけで、何がやりたいかなんて特にないけどダラダラ生きるわけにも行かない。そんなのわかってるけど。

僕の名前にはずっと私立のFランク大学さえ卒業できなかった甘ちゃんというのが死ぬまでついてくるんだなって。

そんなのどうでもいいけど、もうひたすら明日、明後日、明明後日、なんなら1時間後の不安がのしかかってくる。

 

人生なんの目標もない人間は死んだ方がいいのかもしれないね。

もう疲れたよ。

3

これからのこと

これからについて考えた。

というより考えなきゃいけない年になった。

まったく勉強をしてこなかった僕がはじめて大学受験をして苦労して大学にはいった。

それだけで嬉しかった。

はじめは親父が「4年間遊んでこいや。そこでやりたいこと見つかるかも知らんしな。」って言ってくれたから大学に行こうと思った。

大学にはいって3年間勉強はあんまりしなかったけど、大事な友達、帰りたい場所、大好きな場所はみつかった。

でもやっぱり4回生にもなってくるとみんなが就活をしだし社会人になる準備をしだす。

その中僕は留年がきまってのうのうと夜更かししては酒をのみ薬を飲みだらだらと生きている。

留年することは正直ほんとうに怖い。

今僕は人生を費やしてでもやりたいことが明確にない。

だからこそ簡単に大学をやめるという選択肢が取れない。

親に仕送りをもらい家賃をはらってもらい生活しているこの生活に堕落しきっていた部分があるから、失うのが怖い。

大学を辞めるという決心は8割型ついたはず。はずなのに毎日考えにならない考えが頭の中をぐるぐるしている。

辞めてどうするの?フリーターしてそっからどうするの?バンドしてる時間ある?アイドル追っかけてる場合?

こんなことばっか頭の中にうかんでたのしくない。

言わせてもらえばバンドでうれて飯食いてぇよ、アイドルだけおっかけていたいよ。

そんな人生甘くなくて壁を越えた先にはまたスグにおおきなかべがある。

ただ怖いだけで、いままで学生だからって甘えてきたことがもう通じなくなるってのが怖いだけなんだ。

どこかで踏ん切りつけなきゃって思えばおもうほど踏ん切りがつかなくて、後ろにあるやさしい何かにしがみついてしまう。

 

今まで1人で苦しんで薬飲んで腕切って病院いって街中でパニックになってしてた人が急に社会に放り出されていきていけるの?ぼくは余計死にたいって思う自信しかないな。

現にもうこのことを考えれば考えるほどいっそ死ねたらなんて考えてしまっているよ。

 

生まれた世界を間違えてしまったのかもしれないね。

2.5

強く行きたいだなんておもってもないけど、あかいろが怖くてあおいほになりたいだなんて思ったこともないです。人の目線が怖くて前を見れないです。まえがみがのびねのびてのびまた。精神的に強くないし弱い弱い弱いし自分がきらいでし。あかいのがいいのにあかいとだめでつよく考えれば考えるほどおかしくなりそうです。

 

言葉がまとまらないのはとんでるからです、あたまのねぎが足りないとよくいわへるんですけど、ぼくはおおきくてよわいです。がっこうのなかではかってに見られてるってかんちがいしてるのはわかってるのにむりで、かんがえるのもこわいです。強い子だね、しっかりしてるね、がんばってるねのことばが僕をくるしめてます。

 

せかいなんておわればいいね

2

今日は何もしてない日でした。

 

起きてハッピーな気分になりたくて映画をみました。

どれを見てもゲロが出そうにきもちわるかったです。

いろんな感情が溢れてくればくるほど吐き気に変わっていって、人の感情が直接僕の中に入ってきてるみたいできもちわるかったです。

いい映画でした。そのはずでした。

 

人が怖くて目を見たらそのまま僕の中に入ってきそうでだめです。

会話をしたら口の中からとびこんできそうで。

だから最近は大人数と接触した日はこれでもかってくらいゲロが出る。

よくないよくない。

 

ハッピーエンドの世界なんてないのかもね。バッドエンドだろうがそれもそれで幸せかもしれないね。

1

一人ひっそりとブログというか日記というか、この手のものを始めてみようとおもって登録してみた。

見ても見なくてもお好きにどうぞ。

 

バイトに行きたくなくて行きたくなくてずっと1人でただこねてたけど、迷惑かかっちゃうなーっておもっていってきた。そんなこと考えれるだけまだ僕人間として機能出来てる気がする。

木屋町は桜が満開でうちの店は高瀬川沿いにあるからすごく眺めのいいところでお酒が飲める。外国人の観光客が多すぎて怖かったな。外国人の人たちって凄く生気にあふれてて顔直視できないんだ、どんだけ弱いんだよお前って話ね。

 

ここ数日間は地獄に近い日々で、1人でラリっては腕切ってしてたんだけど、そんな僕にも大好きな友達はいるわけであって、すごく助けてももらった。カッターとお薬を全部没収されました。その日の夜は気が狂いそうになったんだ。何も無い、ラリってもない夜って怖くて。誰かに笑われてそうで、友達にきらわれそうで、知らない人も僕のこと笑ってそうで、最近シラフで電車に乗ることもできなくなった。お医者さんには軽いパニック障害みたいなものだねって言われたけど、軽いパニック障害ってなに?軽い???しんどいむり。いきてるのしんどくない???空飛んで移動したいね。ばかみたいなこといったりして。夜はくらくてこわいし昼は明るくてしんどいし最近あつくなってきて殺されそうだし、もう生きてるの向いてなくね??って思う日々です。なにがなんでなんなのか本当に分かんないけどただただいまは辛いです。気休めの言葉が一番聞きたくないです、大丈夫?話聞くよ?ごはんいこうね!飲みに行こうや!!一つずつ返事していくと、大丈夫じゃないからこうなってます。本当に最後まで面倒見て話聞いてくれますか?覚悟はできてますか?それは口約束じゃないんですか?本当にぼくとご飯に行く勇気ありますか?僕と飲みに行って僕が泣き出した時にちゃんと対応できますか?お酒はいると最近気分の上下がすごいですよ??とまぁこんな感じでぐっしゃりとひねくれております。もういやだなぁ。みんなごめんなさい。

 

とまぁあんまりネガティブな発言すると思考がよりネガティブになってしまいそうな気がするけど、言わないとパンクしそうだからこうやって文字にしてここにはっつけてみた。

死にたいっつったら怒ってくれて、ぼくの左腕をみたら泣いてくれて、ダメだと思ったらちゃんと怒ってくれるそんな友達に出会えただけでも今は幸せってことにしておこう。今は新しいカッターも薬もかっちゃったけどね、ごめんね。

 

おやすみ。